スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
温泉旅行:北湯沢 第二名水亭
Y324825271.jpg北湯沢温泉☆
野口観光北湯沢温泉公式ページ

と言う事で温泉ですおおんせんぬ
雪原を頑張って運転して(おりちゃんはじょっせき)辿り着いたは第二名水亭( ゚д゚)

ココははまばにけのかなりのフランチャイズな温泉で、一昔前は
かなりの確率で毎週居たんじゃないかと噂されるほど(嘘)
当時はmyパパ上から何故か結婚後なのに仕送りがあって(ダメ娘)
それを全て温泉に注ぎ込んでいたので(ダメ嫁)かなり巡りましたとも!!
北海道は車で1.5h~3hの間に温泉が沢山あって超おぬぬめ
登別だって3hあれば着くし洞爺湖とか↑の北湯沢とか近いし
定山渓温泉なんて札幌市南区だしぷぎゃあ

と言う事で近頃は節約モードで頑張っており軽く1年ぶりくれいの温泉( ゚д゚)

しかも今回はFamas君のパパ上含むご家族4名を何と我々がご招待( ゚д゚)
いつもお世話になってるので大盤振る舞いなのですよ
次は無いと思ry

( ^ω^)ノつぬきゆぱっちゃ


つぬき


と言う事で車でぶんぶん走りながら中山峠を登ったり下ったりして
国道とかも走りまくって道間違えてちょっとルスツリゾーツ着いちゃって
うよきょくせつをへつつもやっとこさ見えてきました第二名水亭( ^ω^)
だいにとうちゃく

ココは名水亭(通称第一)、第二名水亭、ホロホロ山荘と3つの温泉旅館がありまして
札幌方面からだと第二、第一、ホロホロの順に建たさっておるのです
ちなみにお宿のグレードもコノ順うわなにをするふじこ


だいにろびー55

車寄せみたいのから降りて年末だからかお迎えも来ず寂しくロビーへ行くばにこさん

お正月だからかどんどん焼きみたいなのと北の誉ともちと金屏風がっ
外には面倒くさいからそのままでみたいなツリーっぽいのもっ

さすがに年末と言う事でいっつも混んでる名水ですが、さらに人だらけで軽く酸欠



お荷物番しつつフロントでログインしつつ車担当の方々をお待ちんスしつつ
全員でいざお部屋までぶるすこふぁー

だいにおへや44

普通に懐かしい感じすらする名水部屋

ココは第二も第一もこう言う和洋室で、2名以上の時はお座敷にお布団敷いてくれもす
2名の時はベッドあんだから勝手に寝てちょみたいな感じ

てか基本的に宿の人が開幕もいつも部屋に来ないのがココの特徴で案内も無し
かわりにお値段が大分お得なのですが、案内の人ついてくると何かお茶淹れ出すし
その間館内の避難経路とか喋ってるし何となく座れなくて疲れるんだがみたいな

部屋着いてとりあえずグデーっとなりたい我々はコレでいいっす来なくて最高!



ほいでウェルカムお菓子を食べつつお茶飲みつつ夜飯の時間確認しつつ
さあさあさあさあと言う事でお風呂に行くわけです( ^ω^)ノ



ほいでココはさらに色々込み入ってましてですね、同系列の温泉が
近くに(マジ近い)3つもあんだからよ、全部入ってもらえばよくね?って事で

湯めぐりバスというものがかなりイイ間隔で出てまして



要するに第二に泊まろうが第一に泊まろうがホロホロだろうが全部の風呂にはいれゆ!!
すごいのです




マップにするとこんなかんじ
ゆめぐりばす

わっかりやすいー( ^ω^)

この3つをぐるぐるぐるぐるかなり遅い時間まで回ってましてですね
普段はチェックイン開始と共にログインしますので沢山巡りに行くのです

コノ日も皆さんキャピキャピ巡っておりました
私は何と言うか嫁的な立場で取りあえずお部屋を守っておりました
いやなんかさ6人なのに部屋カギひとつでさ皆バラバラに風呂とか行って
誰がカギ持つのいちいち待つの何か湯冷めすんだけどみたいな感じでわやだし
私くらいになるとデキる嫁なので程ほどで自部屋警備員を名乗り出るわけです
へやおちつくよへや



と言う事でメインエベンツの温泉ですお!!



さすがに私くらいの厚顔でもお風呂に入ってまで写真は撮れませんので
ココからは上記のHPからのご拝借にてごかんべんのおべんとう



第二名水亭、内風呂
ph102.jpg

基本的に第一も同じ作りの内風呂です

とっても広くってサウナもあるし超キレイ 檜もあるお( ^ω^)

あの満タンのお湯が入るとザッバァアアー!!!ってなるのが気分よさげ!!
いっつもキレイなお湯でござる




第二名水、露天風呂ほしづくよ
ph1103.jpg

第一は超オープンな露天ですが、第二は屋根だけある感じ

でも外気はがつがつ入ってくるし湯気がもくもく逃げないで溜まってて
私はコッチの露天の方が好きでごわす( ^ω^)
だから第二に泊まると湯めぐりバス乗らねんだ

大きさも充分で岩もたくさんあるので休み休み入れておぬぬめ




第一名水、露天風呂
ph02.jpg

コレが国内最大級だかの150坪だかのFamas君大好きな露天風呂

ちなみにこの写真は片方だけで、この塀の向こうにはさらにドカンと
ドーナツみたいな露天風呂が設置してあり、それぞれ夜と朝で交代制

コッチ側は写真の東屋みたいのがある風呂とさらに3つくらいの
大中小混ざったお風呂がくっついてて初めて見た時はすげえビビッたでこくて


Y324825271.jpg

ちなみにこの時期だと↑こんな風な雪わんさか露天で
かなりの情緒タップリゆけむりびじんおーえるさつじんじけんぬ

やっぱ雪積もってた方がキレイだし、熱くなったらミニ雪だるまとか
隅っこで作りながら入ってられるので冬場の方が好みですけども
ココは内湯から来るいるぐちから遠くて最初死にそうになることうけあいさ。。



オマケのホロホロ山荘
ph03.jpg

第一第二と比べるとちょっと規模縮小な感じですけども
岩風呂でちっこくて空いてて通にはおぬぬめな感じですかにゃ
えらそうな事言ってますが1回も入った事無いですごえんなさいすいまえん;;


さらにオマケの温泉プール
ph101_2.jpg

結構大きいプールで夏休みとか冬休みは
子供やすやすプランもしてるのでかなりの激混み!!
第二の露天入ってる時もウッキャー!とかワッキャー!とか聞こえた




とまぁ、このような感じでかなりの温泉三昧な時間を堪能出来る訳ですが
こんなに3つの人たちが入り混じってたら区別できなくね?と思ったあなた!


そこでご紹介しますのはコチラの湯ぱっちゃ!でございます!( ^▽^)
ゆぱっちゃだいに55

お部屋に置いてあるオリジナルのゆぱっちゃさんですが
コレが第二はコノ黄色第一が薄い茶色ホロホロが薄い水色と色分けされており
第二の中でも「あっあの人ほろほろ」とか分かってしまう優れもの( ^ω^)

初めてコレ見た時はかなりの絶句で、着れない!黄色なんて着れない!と
かなりバタバタしてましたが、浴衣も無いし致し方なく着たらですね
形は作務衣と甚平の中間くらいのデザインなんですけども、これがまた

すげー着やすい( ゚д゚)

もう一晩で虜になってしまって、他の宿で浴衣着るといずくていずくてもうわっちゃ

ちなみにFamas君と2りで泊まると男女2名だからかLサイズとMサイズが
ひとつずつで私だって身長ありますからMとかつんつるてんで嫌なのですが
この日はパパ上様がmyパジャマをご着用と言う事で、Lが余って歓喜の舞

今はおにゃのこだって背高いっすよ!
温泉宿さんは適当にSとかMとかちっこいの置くな!( ゚д゚)
甚平ダイプだと元々短めにデザインされてるからかなり変てこなんだって。。
Famas君にMまわすと人外のモノになるしどうにも出来ないお。。



さ、という訳でお風呂に入ったらいよいよ例のバイキングです( ^ω^)

コチラのお値段など諸々はそれを見てもらってから書こうじゃないかハハハ


画像とかKUSO多いので続編が続かれる!!!!

( ^ω^)ノもいん


br_decobanner_20091124192724.gifにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ sankatyuuu.gif
関連記事
スレッドテーマ [ 旅行 … 温泉 ]
01/03 13:32 | 旅行とか | CM:2 | TB:0
お名前

コメント

パスワード
   
http://kyokyuto.blog104.fc2.com/tb.php/461-9964bb42
* トラックバック *



template design by takamu
Copyright © 2006 ハマバニ(Hamass&Vunny) All Rights Reserved
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.画像など著作権はスクウェアエニックスに帰属しています
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED画像など著作権はカプコンに帰属しています

Copyright(C) 1999-2009by. mikiyu-showji.All rights reserved.AUG.1999 START URL:http://mikiyu.oops.jp/405/素材屋405番地
極東より愛を込めて-FF11- Famas Vunny
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
#